送る TEL LINE
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

スポーツ障害 | 辻堂の骨盤矯正なら辻堂ラポール整骨院

お問い合わせはこちら

スポーツ障害とは

スポーツ障害とは、運動によって起こる体の故障のことです。
身体に無理な負担をかけると打撲や捻挫・筋の炎症・骨折の怪我だけでなく後遺症など障害が残る場合もあります。
スポーツ障害は、大きくは外傷と障害に分けられます。

外傷
捻挫、肉離れ、腱断裂、脱臼、骨折等、一度に強い外力が加わることにより生じるものを指します。
障害
特定の部位に繰り返し外力が加わり軟部組織を損傷するもので、シンスプリント、野球肘、野球肩、ランナー膝等と呼ばれているものがこれにあたります。

※スポーツ障害とスポーツ外傷を合わせて、スポーツ傷害と呼ぶ場合もあります。

スポーツ障害の主な部位と種類

むち打ち症、頸椎捻挫等
野球肩、リトルリーガーショルダー、腱板損傷、脱臼等
野球肘、テニス肘、肘内症等
腰椎分離症・すべり症、梨状筋症候群、坐骨神経痛、ぎっくり腰等
ジャンパー膝、サッカー膝、ランナー膝、オスグッド・シュラッター病、タナ障害、腸脛靭帯炎、分裂膝蓋骨、半月板損傷、靱帯損傷、水腫等
シンスプリント、アキレス腱炎、肉離れ等
足底筋膜炎、踵骨骨端症、外反母趾等

スポーツ障害の治療法

スポーツ障害とは

スポーツ障害を生じた場合、症状にもよりますが、基本的にはRICE処置を施します。RICEとは休息(Rest)冷却(Ice)圧迫(Compression)挙上(Elevation)の略です。

休息(Rest)

患部を包帯などで固定し安静にさせます。

冷却(Ice)

患部を氷嚢などで冷やし組織の血管を収縮させ腫れや炎症を抑えます。

圧迫(Compression)

患部を包帯やサポーターなどで圧迫することにより内出血や腫れを抑えます。

挙上(Elevation)

患部を心臓より高く上げることによりリンパの流れをよくして腫れを抑えます。

また、関節可動制限がある場合はその関節を矯正することで、治癒期間の短縮が期待できます。
例えばテニス肘の場合、肘だけを診るのではなく肘関節と連動して動く背骨と肩甲帯(上腕骨、鎖骨、肩甲骨、肋骨)の関節可動制限を回復させることで、 より短期間に治癒することが多いです。

人の体は一見痛む部分だけが悪いように思われがちですが、関節、筋肉等、いろいろな部分でつながりがあり、連動して働いているのです。

スポーツ障害で最も大事なのは、無理なトレーニングをせず、自分の能力にあったトレーニングを行うこと。そして、異常を感じたら直ちに運動を中止し、整骨院、整形外科等を受診することです。

当院では、様々なスポーツ障害(野球肘・ランナー膝・シンスプリント等々)に対応しておりますので、お困りの方は、ぜひ一度ご相談ください。

サッカー選手に多い腰痛症

●院長の私が、長年サッカーをしていた経験からの治療内容の提案
●コンディショニングの調整
●試合前、練習用のテーピングの指導。
●正しい筋肉トレーニングの指導。
●自宅でできる身体をケアする方法。

上記のすべての対応を当院では行わせて頂いております。
未来のプロ選手を目指している選手には快適な環境をお届け致します。

腰痛を根本から治したいというサッカー選手は茅ヶ崎の辻堂ラポール院へ

茅ヶ崎の辻堂ラポール整骨院では、腰痛を抱えているサッカー選手に対して、骨盤矯正をしたり、es?515といった高電圧治療器(プロスポーツ選手が使用)などを用いたさまざまな治療方法から痛みの原因を突き止めて根本から治していくことを目的にしております。

サッカー選手の怪我というのは膝や足ばかりではなく、腰痛を抱えている方も多いのです。腰痛というのはさまざまな原因によって引き起こされてしまうため、その原因を見つけ出すというのが難しく、整形外科などの病院では適切な治療が出来ないということもあります。
痛みを根本から取り除いていくためには、サッカー選手に起こりやすい腰痛の原因を突き止めていくということが必要です。

茅ヶ崎の辻堂ラポール整骨院では、痛みのある場所(患部)だけではなく全身の筋肉や関節、骨などのバランスをチェックすることによってその原因を見つけ出して効果的な治療をしていくということを治療方針としております。また得意である、矯正治療をして全身の身体の歪みを正常な状態に治していくことによって、人間が本来持っている自然治癒力を高めていくことも可能になり、腰痛の改善にも効果的です。

野球肩

茅ヶ崎の辻堂ラポール整骨院で野球による肩の痛みを早期に治療

激しい野球の練習を続けていると、肩の痛みがあらわれてきてしまうことがあります。痛みや違和感を感じましたら早めに茅ヶ崎で開業している当院で正しい治療をすることが大切です。

野球のピッチャーが投げ込みの練習などをしているときに、野球肩という肩の痛みの症状が出てきてしまうことがあります。これは、身体に無理な負担がかかってしまったことによって起こるスポーツ障害と言われるもので、特に成長期のジュニア世代の選手に起こりやすくなっています。

野球によって肩の痛みや違和感を感じるというときには、なるべく早めに当院において治療をおこなうことが大切です。

オスグット

オスグッドは10歳から15歳くらいの成長期のお子さまに起こりやすい症状で、眠れなくなるほどの強い痛みが膝にあらわれてツライ思いをすることもあります。特に男の子に起こりやすい傾向で、急激な成長に身体が付いていけずに起こると考えられ、ただの「成長痛」として軽く捉えられてしまう症状でもあります。オスグッドが引き起こる明確なメカニズムはまだ解明途中ともいわれていますが、スポーツなどでのオーバーユース、下半身の筋肉の緊張、骨盤の歪み、膝関節のズレなどが関係している場合も多く見られます

アスリートのメンテナンスに関するコラム

アスリートメンテナンスのコラムはこちら