TEL
MENU

交通事故治療の相談なら

むち打ち症の交通事故相談が多い?

交通事故が発生すると、自動車や自転車など乗り物によって体を傷つけられてしまう事があります。同時に健康被害を受ける事もあるでしょう。交通事故の治療を専門的に進める施設も多いですが、総合的な相談ができるところはそんなにありません。交通事故の怪我の中でも最も発生件数が高く、交通事故相談が多いと言えば、やはりむちうち症です。むちうち症の中にも数多くあり、中でも特に多いのが「頚椎捻挫型」です。これは交通事故の衝撃によって首が激しく揺さぶられてしまい、靭帯や靭帯、関節包など損傷してしまうものです。このむち打ち症を放置していると、肩や首の痛み、めまい、しびれ、だるさ、倦怠感が伴ってくるのです。

このむちうち症はとても厄介な怪我であり、事故直後には症状がなかなか出てきません。このため患者さんは、「交通事故に遭ってしまったのに怪我を負っていない」と誤解しやすいです。そのまま医療機関を受診せず放置していると、症状が後から出てきてしまい、困ってしまいます。

ここでポイントになってくるのは、どんなに自分では「怪我していない」と思っていても、後々検査してみるとむち打ち症を始め、様々な怪我を負っている場合がある事です。
そのような理由から交通事故の被害に遭遇してしまったら必ず専門医療機関にて交通事故の怪我に対する相談をして頂くことを推奨致します。藤沢市の辻堂ラポール整骨院では国家資格を有した治療家が交通事故の怪我の相談をすべて承りさせて頂きます。補償面などの相談に関しましても専門家を介して的確にご回答をさせて頂きます。