TEL
MENU MENU

自転車事故の治療なら

自転車事故は自動車との衝突事故が多い

自転車事故で最も多いと言えば、車と自転車との衝突事故です。日頃車を運転している方ならわかるでしょうが、自転車が突然飛び出してくる事もあれば、夜にライトをつけずに走っていて、見えずに自転車事故につながるケースもよくあります。自転車に乗っていてヒヤリハットした人も多いでしょう。運転する機会が日頃から多い人は、自動車事故を起こすリスクも大きいでしょう。
道を歩いている時でも、自転車との接触や衝突による事故は増えています。相手がスピードを出して走っている場合、自転車の場合だと大きな怪我を起こしやすいです。イメージとしては、自転車事故というと簡単に治るイメージがあっても、後遺症が残るとはなかなか考えづらいでしょう。
自転車事故で怪我してしまったとしても、特に病院へ行かず自然治癒を待っている人も多いですが、ある日突然痛みが出てしまう事もあります。そしてあの時の自転車事故が原因だったと気づくのです。

自転車に乗っている人の被害の方が大きい

車同士の衝突による自動車事故もありますが、自転車対自動車の場合もあります。この時、より大きな衝撃を受けるのはやはり自転車に乗っていた人です。場合によると重大な怪我を負ってしまう事もあるので、このような大きな事故でなくても自動車事故を甘く見る事はできません。見た目は出血やアザがなくて平気と思っていても、体内では関節や骨が微妙にズレてしまっているケースも十分あり得るのです。

自転車事故の事も辻堂ラポール整骨院にお任せ

自転車事故にお悩みの方も多いでしょう。病院に行って治療を受けてみても、なかなか良くならない、あるいは経済的負担のあまりない整骨院へ行きたいという人なら、ラポール整骨院に来てみてください。
交通事故で多いむち打ち症や腰痛などの怪我は、藤沢市・茅ヶ崎市の辻堂ラポール整骨院で一度診察を受けてみる事をおすすめします。