TEL
MENU

ブログ記事

【万能筋?】骨盤矯正と一緒に腹横筋を鍛えて運動能力向上

2016.03.18 | Category: ギックリ腰,サーファー,ダイエット,メンテナンス,未分類,歪み,産後の骨盤矯正,肩こり,腰痛,茅ヶ崎,藤沢,辻堂,野球肘,骨盤矯正

コンニチハー(*^▽^*)

インナーマッスル、腹横筋シリーズ第三弾、きょうは運動機能向上についてお話させて頂きますね(^o^)/

 

いま、プロのスポーツ選手で主流となっているトレーニングのひとつに、インナートレーニング(体幹とも呼ばれます)があります!

一流のアスリートが、なぜ体幹を鍛えているのか??

 

筋肉には、大きく二つあります。

1つは、ボディービルダーが鍛えているような表面の筋肉。

これは、アウターマッスルと呼ばれ、主に瞬発的な動きをするときに使われます。

 

そして、もうひとつがアウターマッスルの奥にある、骨,関節、内臓を支えるインナーマッスルです。

これは、長期的な持続力を持った筋肉です。

 

陸上の100メートル選手と、マラソン選手をイメージしてみて下さい!

瞬発的な動きが必要な短距離選手は筋肉隆々でがたいが良いのに比べ、持続して力が必要なマラソンランナーにどっしりした体格の選手はいませんよね。

 

これが、筋肉の種類の違いなんですが、例えばプロ野球選手は打つ瞬間、投げる瞬間に瞬発的な力が必要です。

しかしながら、イチロー選手のように細い体形でもヒットを量産し活躍する選手がいますね!

 

なぜか?というと、アウターマッスルに頼りすぎず、体幹を使って身体を動かしているからです。

アウターに頼りすぎると、ケガをしやすかったり、パフォーマンスを最大限発揮できない場合があります。

インナーマッスルに力をいれしっかり動かすことができると、身体本来のもつ力を生かすことができます。

10の力を使っていた運動が8の力でできるようになるわけですから、当然身体への負担が減り、限界値を大きくできます。

 

当院でも、サーファーの方に指導させて頂いたところ、動きが良くなりました!!

 

藤沢、辻堂、茅ヶ崎の方、腰痛、肩こり、歪みのメンテナンスとともに体幹トレーニングをしてみませんか??

産後のお母様、スポーツ選手からお年寄りの方まで、幅広い年齢層の方に喜びの声を頂いております(^◇^)